スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| CATEGORY : スポンサー広告 |

 森鴎外かー…

ハイデオンリも終わり屍化してるなか、微妙に気になるネタを見つけた。
鴎外が出会ったドイツの作家や詩人たち
日時:平成18年12月2日(土)午後2時~(開場午後1時半)
会場:本郷図書館鴎外記念室3階 会議室
定員:先着60名・無料(直接会場へ)
 ※定員を越えた場合、入場できないこともあります

うーぬぬ、めっちゃ通勤圏…。行き易い。
ミュンヘンで撮った写真とかあるじゃないですか。気になるじゃないですか。

まあ劇場版的に言えば、ハイデの時代というよりハイデのお父さんの時代くらいになると思うんだが(そもそも鴎外没したの1922だしね)、それはそれでまた萌えといえば萌え。
『摩利と新吾』なんかどんぴしゃだしね。なんか楽しそうかも。
舞姫でも読んで予習しとこうかなあ。(←行く気まんまん?)

森鴎外-Wiki  森鴎外が師事したペッテンコーファー-Wiki  舞姫-青空文庫

ペッテンコーファーの実績は読んでるとけっこう面白い。
これとか↓当時の時代背景が透けて見えるかんじ。(以下引用)
----------------------------------------------------------------
廃材から可燃性ガスを生産する方法の開発
当時灯火用に使用されていたガス灯は、石炭から作り出した可燃性ガスを燃料としていたが、ドイツ南部の森林地帯は石炭の産地に遠く、その十分な供給を賄うことができなかった。1851年、この件について相談を受けたペッテンコーファーはこの地域に豊富な木材および廃材を一度炭化して木炭を作り、それから可燃性ガスを産生するという方法を開発した。この木炭ガスを用いたガス灯はドイツ南部やオーストリア、ハンガリーの各都市に波及し、やがてドイツの全鉄道駅に取り付けられた。(引用終了)
----------------------------------------------------------------
改めて思うに、1918年までバイエルン王国だったんだよなー…。
ハイデさん(いたかわかんないけど)12歳。王国の崩壊とかって
どんな感じがしたんだろう。

少なくとも今の日本の市町村合併みたいな感じじゃないと思うんだけど(笑)
COMMENT : 6 | TrackBack : 1 | CATEGORY : ドイツ |

COMMENT

インフレ中でもブリア・サヴァラン
この時代のドイツ作家&詩人と言ったら、
マンやヘッセやカロッサなんかも紹介されるのでしょうかvv
意表をついてゲーテとかシラーだったらどうしよう。
ドイツ留学っていうかタイムトリップ・・・・

リンクを張られていたWikiにこんな記事が。
『なお、ドイツ留学の影響で子供と孫にはドイツ風の命名をしている。長男:於菟(オットー)、長女:茉莉(マリー)、次男:不律(フリッツ)、次女:杏奴(アンヌ)、三男:類(ルイ)、孫:真章(マックス)、富(トム)など。』
( ̄△ ̄;)エッ・・?
ちょっと吃驚しました・・・・まさか森茉莉がドイツ名から来ていたとは。

ドイツ連邦共和国になったのって、本当に最近なんだな~って思いますね。
バイエルン州は未だにドイツ連邦に組しているんだか、
いっそ外国なんだかって雰囲気ですし・・・(笑)
自分はドイツ人じゃない、バイエルン人だ!っていう考え方、
日本人にはちょっと理解し難いです。
2006/11/29(水) 08:37:01 | URL | ヒロ #MabEK6sc[編集]
だけど葬式饅頭茶漬け
ちょっと面白そうですよねー。現在ドイツの話より当時の話が聞きたいって感じです。
森鴎外の子供がドイツ名ってのはぼんやり知ってましたが、
そんなにいるのは初耳でした。
当時ってやっぱり子沢山ですよねー。
きっとハイデんちも4人くらいは兄弟いたんだろうなあ。

ドイツはまだまだ地方集権というか、州単位での意識が強いんですね。
日本で言うと九州男児みたいもんかなあ? 
長州のやつらとは気が合わん! みたいな?
北ドイツと南ドイツでもずいぶん気質が違うみたいですもんね。
イタリアもミラノとナポリじゃ別の国みたいだし…。
EUとかいってるそばからそんなんで、ヨーロッパって面白いです。
2006/11/30(木) 13:36:06 | URL | さや #xfH9rAAU[編集]
そうですよね!
ヨーロッパは本当におもしろいよね。
それこそ歴史の観点から見たら呆れたり笑えたりするものが仰山、、、(めっちゃ失礼)

ちなみにうちの大学にも森鴎外の日記が初版?に近いものが所蔵されてて読もうとしたんだけど
ある意味壮絶な欝になりそう
でやめました。
ネタとしては読みたい、、、読みたいのだけれど!!!

さやさん、2日、行くの?
・・・途中退室になっちゃうけど私も行こうかしら(大学の講義が午後4時からあるのさ!!!)
会場にいたら笑ってくれ、、、というかお互いに苦笑いか?(笑)

しかし、さやさんほんとこういうの見つけてくるアンテナはすさまじいね!尊敬しちゃう!

屍化されてらっしゃるみたいですが早めに戻ってね?
燃え尽きちゃ嫌だよ、、、!(涙)
2006/12/01(金) 03:15:08 | URL | 由宇 #0kufgj3.[編集]
わ!
お久しぶりです。
明日なんですね。絶対行こうと思います。ミュンヘンだし近代文学だしこれは行かねば!さやさんのハイデアンテナには本当に敬服しますv-356

由宇さんも会場でお会いするかもしれないですねw
2006/12/01(金) 15:04:13 | URL | レフト #BzqNbjbk[編集]
うーん
ちょっと行きたいかも…
でも仕事なんだよなー、くすん。
そして今も仕事中ときた(笑)
切り上げられそうなら行きまする。
2006/12/01(金) 22:00:06 | URL | ちぇりー #-[編集]
うおお
こんな超・地味な記事にこんなにコメントつくと思わなかった(笑)

>由宇さん
ふふふ、わりとあなたを引っかけたい記事だったので
引っかかってきてくれてうれしいですw
森鴎外の日記はいろんな意味で鬱になりそうですな。
確かに見てはみたいけれども。肉筆じゃないよね…?
この記事を見つけたのは偶然なんです。文京区の図書館、時々使ってるので文京区立図書館HPを見てたら載ってたのよー。
よくよく考えると文京区っていろんな出版社あるし、文豪たちが多く住んでたところだし、
こういう催しってもっとやってるのかもしれないなあ。
2日、多分いくと思います。起きれば(笑)
なんとか冬コミに向けて緩やかに回復を図っているところです。
心配してくれて、ありがとう(^^)

>レフトさん
おおっ、大学生2人ゲット(違!
なんかプチオフみたいになってきたな(笑)
皆さんが真面目な学生でお姉さん尊敬しますわ。
お姉さんはよこしまな目的でひっそり座っていることにします。
明日お会いできるといいですね~ww

>ちぇりーさん
お仕事お疲れ様です(涙)
そ、そんな大した催しではないので(ってわたしがいうことじゃないな)
お仕事無理なさらないでくださいな~
というか、定員超えると入場できない危険性があるそうですよ…
越えたらそれはそれですごいなあ。鴎外人気。
遅くまでお仕事、お疲れ様です!
2006/12/01(金) 22:22:00 | URL | さや #xfH9rAAU[編集]

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

本気で明日は馳せ参じます!お会いしたら……よろしくお願いします(笑)
2006/12/01(金) 23:37:53 | †ミュンヘン1923†メモ

プロフィール

さや

Author:さや
本の業界の片隅で生きています。構成要素は鋼・ドイツ・宇宙・本・酒・あとその他です。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ハガレンピープル


ブログ内検索


RSSフィード


リンク(敬称略)

このブログをリンクに追加する


JAXA『今日は何の日』

鋼関連本

読書メーター

ミュンヘンの最近読んだ本

Copyright © うやむやメモ All Rights reserved.
Images by Night on the Planet  Designed by サリイ  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。