スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| CATEGORY : スポンサー広告 |

 アルフォンス・ハイデリヒ追悼祭 劇場版『その後』を歌猫様にいただいてしまいました!

ハガレンピープルにトラバするの久しぶりだなドキドキ…。
ということで常日頃すっかり宇宙とかのブログになりつつありますが
アルフォンス・ハイデリヒをこよなく愛するさやでございます。

表じゃ飽き足らず裏サイトまで作ってハイデハイデ言ってるもんですから
みなさまに哀れまれハイデ愛が伝わっているようで、
このたび歌猫blog』の歌猫様から、とんでもなく素晴らしい
ハイデ追悼テキストをいただいてしまいました!

も、わたしから申し上げる言葉は何もございません。
まずは読んで 読んで読んで読んで読め(byウィンリィ)な勢いでお勧めしたく思います。

アルフォンス・ハイデリヒ追悼記念テキスト 『その後』


↓以下は読了後に気が向いたらごらんください
お読みいただきました?

うふふ…。
歌猫さまがなんで私にくださったのか、わかる気がしません?
もー、顔がほころんでしまう勢いで、ハイデさんが大事にされてて、イイ!
本編でエドが粗末に扱いやがったから 激動の時代に、それでも懸命に生きたハイデリヒさんが、こんな形でパラレル世界に後世まで語り伝えられていたらイイなあと思うのですよw

それに、ウィンリィ。
愛する人が自由に動くことができるようにと手足を作る、
愛する人が自由に生きるためにロケット推進飛行機(?)を作る。
ハイデリヒは、外見は「あっちの世界のアル」だったかも知れないけど、
精神的には「あっちの世界のウィンリィ」だったのかもしれません。

以前作った同人誌で、「ハイデリヒはエドワードがあちらに残してきた『家族』を一人で体現していた」とか書いたことを思い出してしまいました。
(金髪碧眼って、普通に見ればウィンリィを思い出しますよねえ。大穴でハボック? 笑)

(いろんな意味で)私には絶対書けない素敵なテキストをくださった歌猫さま、
そしてハイデリヒ追悼のこの日にこのテキストを読んでくださった皆様方。
ほんとうにありがとうございました!

COMMENT : 6 | TrackBack : 0 | CATEGORY : 鋼関連(アニメ・劇場版) |

COMMENT

心が洗われた、、、!
さやさんのご慈悲で読ませていただきました、、、
マジでいいものでした、、、。
ハイデリヒ宣言、、、なんて素敵な響き。
そして娘さんの名前の部分でね、、、あれは、、、あれは、、、サプライズ?(笑)

さやさん、独り占めしないでくれてありがとう。
そして歌猫さま。
すばらしい物語をありがとう!!!
あああ、マジで心洗われてしまった、、、どうしようこれからあんな真っ暗なドイツ史穿り返したくなくなっちゃ、、、!(爆)
2006/11/08(水) 02:47:57 | URL | 由宇 #0kufgj3.[編集]
私の汚れた妄想から罪を取り除いて下さい
ありがとうございます、本当にもう・・・・(涙)
由宇さま同様心が洗われましたよ・・・・
それでもって己の妄想の汚らわしさに、なんだか打ちのめされました(死)
私の中でエドの「ハイデの死、完璧スルー事件」もこれで帳消しになりましたよ。
あそこでロイもウィンリィも、そしてアルすら振り切ってこちらの世界に戻ってきたエド。
あの決意の表情。
ハイデがいると思ったから、帰る事ができたのですね。
なんかもうそれだけで充分です。
葬式呆気ないとか、ノーア踊ってる場合じゃないよとか、もう言いません。
ああもう11月8日本当に忘れられない日になってしまった。
お二方、素晴しい追悼日をどうも有難うございました!!
2006/11/08(水) 10:16:53 | URL | ヒロ #MabEK6sc[編集]
滂沱宙
す、すいません。
人生穢れてごめんなさい。生まれてきて(以下略)

歌猫様、いやこれ、ハボロイですよ。
ウィンリィも、ハイデリヒもすげーいいんですけど
その1のハボロイ・・・(吐血)

ごめんなさい。
いま人生手一杯で上手くお礼が言えません。

ステキなお話を読ませていただきました。
そうして強奪したサーヤ(笑、どっかの皇族ですか)様にもお礼を。
2006/11/08(水) 13:50:00 | URL | 真朱 #/3WEEAIQ[編集]
初めまして
さや様
多分コメントなどするのは初めてだと思われますが、「改」になられる前のブログを楽しみにさせていただいておりました。のわこと申します。改めまして初めまして、よろしくお願いします。
歌猫さんからさやさんへの美しい捧げもの小説、ありがたく読ませていただきました。拙ブログにも書いていますが、映画公開1周年記念日前後から、ずいぶんとシャンバラフィーバーが長く続いて、拙いながら小話を書いてみたりしていたのですけど、そうか、こんな幸せな「その後」があったら本当にステキだな、と心より思いました。
アルフォンス・ハイデリヒは、未だに私の中で消化し切れていない存在なのですが、様々な方の様々な捉え方が、新鮮でもありまた強烈でもあります。
こちらでまた新しいハイデリヒとの出会いがあって、窓を背にちょっと寂しそうに微笑むカットが何度もフラッシュバックしました。
すばらしい企画(?)をありがとうございます。何だかまた、フィーバーがやってきそうな気がしていたり(苦笑)。
それでは、今後とも記事を楽しみにしております。
列島全域急に冷え込みましたので、体調崩されませんよう。
おやすみなさいませ。のわこ。
2006/11/09(木) 00:39:37 | URL | のわこ #-[編集]
ありがとうございます
あ、洗われましたか?え、ほんとに?
や、そんな大層なテキストでは・・・;;; 身に余るお誉めの言葉です。
ハイデファンの集うさや様んちでこのように扱っていただけて、恐縮するやら恥ずかしいやら(だってまさかハガレンピープルへトラバまでされるなんて!)、あわあわおろおろしております。
由宇様、即座にコメントありがとうございます。はい、アル姉の名はもちろんそのつもりです(笑)
ヒロ様、遠くドイツからありがとうございます。ご当地ネタいつも楽しみにしています!
真朱様、はい、ハボロイです(笑)
のわこ様、いつも丁寧なコメントありがとうございます。幸せバナシ好きなんです~。
たくさんの方に読んでいただけて嬉しいです。えへへー嬉しくてニヤニヤしちゃってます。
そして、こうして拙文へコメントいただけるのも、さや様のお人柄とハイデ愛があってこそ!
さや様、どうもありがとうございました!
2006/11/09(木) 05:24:34 | URL | 歌猫 #QVN49RNc[編集]
皆様コメント、ありがとうございました!!
皆様熱いコメントをお寄せいただき、本当にありがとうございました!!
独り占めしなくてよかったと心から思いました…! 歌猫さまもほんとうにありがとうございます。掲載許可、ナチュラルにオモテにさらしてしまってごめんなさい(汗) しかしおかげで多くの方に見てもらえて、なんか役目を務めた気分になりました(錯覚か?)

>由宇さん
お疲れ様でした! そして真っ先にコメントありがとう!!
独り占めしなくて、心からよかったと思ったです。
ドイツ黒歴史はそれはそれ、それがあってなおさら彼らは光り輝くわけですよ。どんな歴史でも懸命に生きた人がいる、と綺麗にまとめてみたがどうだろう。

>ヒロさま
コメントありがとうございます! そんな、汚い妄想とか仰らないで!! わたしのほうがもっとひどい…orz ではなく、楽しみにしているんですから! ハイデオンリ終わったんで、またコメントスパム並みにお邪魔させていただく予定です(迷惑な予定だな)
「ハイデがいるから戻ったんだ」これに尽きますよね! あのスルー事件は、エドが混乱して物事がわかってなかったせいだと思いたい。そして新たな旅立ちまでの間に、それなりの日々を過ごしていたと思うんですよ。そんなss書こうと思ってましたが、ハイデが死んだあとを書きたくないのでやめたのはここだけの話(今更)
この日に御来訪いただき、読んでいただいてありがとうございました!!

>真朱さん
ま、さんざん話したんだけど(笑)。これはホント最初の一ページで「!!」って思ったもんね。ハボ、いいキャラだよねw
サーヤはありがたくわたしがゲットしておりますゆえ。皇室サーヤでしたー

>のわこさま
こんばんは!コメントありがとうございます!!
のわこさまもテキスト書かれてるんですね!わたしもウラでほそぼそとテキスト書いておりますー
自分なりのシャンバラその後(捏造)をしてみたりもしたんですが、歌猫さまのは歌猫さまにしか書けないキャラ総出演の素晴らしい作品で、これはぜひ読んでいただきたい!と思っておりました。
届けるべき方々に届いてほんとにうれしいです。
のんべんだらりと運営されているブログですが、これからもどうぞよろしくお願いいたします♪

>歌猫さま
ということで、いきなりハガレンピープルへのトラバ、ごめんなさい(汗
しかしやってよかったなーと実行犯はほくそ笑んでいたのでした。
ほんとみんなに受け取ってもらえて、バレーのトスがうまくできたような気分でうれしいです(体育で苦手だっただけに→関係ないよ)
これからもどうぞよろしくおねがいいたしますね~!!
歌猫さまのブログにもまたお邪魔させていただきます★

2006/11/21(火) 01:14:53 | URL | さや #xfH9rAAU[編集]

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

プロフィール

さや

Author:さや
本の業界の片隅で生きています。構成要素は鋼・ドイツ・宇宙・本・酒・あとその他です。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ハガレンピープル


ブログ内検索


RSSフィード


リンク(敬称略)

このブログをリンクに追加する


JAXA『今日は何の日』

鋼関連本

読書メーター

ミュンヘンの最近読んだ本

Copyright © うやむやメモ All Rights reserved.
Images by Night on the Planet  Designed by サリイ  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。