スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| CATEGORY : スポンサー広告 |

 つくばJAXAでロケットエンジン見てきたよ 後編

modure.jpg←クリックしたら拡大写真が出るデスよ
前編から続きます。
しっかしどうにもこうにもつくばJAXAというのは広大で、土井宇宙飛行士の講演を聞いたのが【W-3、宇宙実験棟】。宇宙実験室の特別大公開、ってことで細胞培養装置とかクリーンベンチ(きれいな環境で植物実験する装置…らしい)とか生物実験ユニット(宇宙で植物や単細胞生物を育てる装置?)とかもありました。まあ雰囲気を味わったと思ってくれ(しょせん文系)。

で、そのあと行ったのが確か【W-2宇宙ステーション運用棟】【W-4宇宙ステーション試験棟】。宇宙ステーションをガラス越しに見て、おおおー、というための場所です(うちらにとってはな・笑)宇宙ステーションはトラックと船で運びます。トラックで運ぶのはいいけどモノがでかすぎて、首都高がナチュラルに閉鎖されていると思しき写真とかあって面白かったです。つくばで作ってアメリカのケネディ宇宙センター(多分)に運ぶんだなーと驚きました。この場所でそんなことまでやってるとはね。
engine2.jpgengine.jpgその後【S-6研究開発棟】に行って「究極の球」とか触ったり、写真のH-II8号機のエンジンの展示があったりしました。これは失敗して墜落したロケットなんですが、なんと海中から引き上げてきたやつなんです。実物なんです。おおおーエンジンエンジン! ということで盛り上がる我ら。ちなみに右は、エンジンを激写する同行者Jさん(笑)

そのほかは人工衛星のエンジンとか宇宙の太陽電池とか見たのかな? 地球の太陽電池と違って宇宙の太陽電池は濃縮されてて、同じ大きさ厚さでも熱の変換効率が全く違います(受け売り)。地球のは5%程度、宇宙のは2~30%でしたっけ? その代わり値段も高くて、地球のが何百円とかいうぐらいの大きさで、宇宙のは1枚5万だか10万だか、とにかく格が違うのだそうでした。
それにしても、電力でこんなことが出来ます、とオルゴールを鳴らしてみたり、風車をちっこいモーターでまわしてみたり(ミニ4駆のモーターかあれ?)、どうにかして技術をわかりやすく説明しようという姿勢に好感が持てます。全体的にそういうものたちが、すごい手作りくさい。ジョイフル本田(茨城の超絶ホームセンター)に行っていろいろ買ってきて作ったんかなーと彷彿とさせて、技術者の兄さん姉さんおっちゃんたちが、なんだかかわいらしく思えることこの上ないです。

このあと確かまた腹が減り、調整池のところにある軽食やさんでヤキソバとかカレーとか買って食べてみました。芝生あるしみんなごろごろして和みます。子供がカルガモに追っかけられてるのを見ながら食べるヤキソバもまた一興。ホント秋の日の社会科見学という感じです。

そのあとは【C-5宇宙飛行士要請棟】とかからかいつつも(体験ツアーとかあったんだが、かなりな人が待ってた)先を急ぎます。だってでかいんだもん。急がんと回りきれん。

birusangai.jpg【C-6無重量環境試験棟】はビル3階分くらいのプールがあり、そこで宇宙飛行士がいろいろと訓練をするというところでした。水の浮力で擬似的に無重力状態が作れる、ということですね。ほんとの無重力ではないので、「無重量」というんだなとはじめて知りました。写真はその3階から下を覗き込んだもの。これくらいの高さが全部プール。しかしすげえ設備だ。

感動したのが【C-3構造試験棟】の音響体験。ロケット打ち上げのときの音が体験できたんです。日本の種子島でのロケット打ち上げと、アメリカのケネディ宇宙センターでのカウントダウン。うおお臨場感あるう! 英語と日本語でのカウントダウン、その合間に流れるアナウンス。何とかエンジン分離OK、とかね。わくわくします。かっこよすぎます。ちょっと腰砕けた。(変な萌え発動しすぎ)

そして【E-5追跡管制棟】で宇宙の人工衛星と更新する中央管制室を見て、なんか中央証券取引所のミニチュア版みたいだと思ったり、あれってウィンドウズかなーとか見てみたり。いやはや面白い。面白いよ。

最後は【E-2広報・情報棟】にて缶バッチを作ってもらったり、お土産を買ったりしてました。ここまで読んでくれたあなたに特別プレゼント、じゃないですが、11/19のハイデオンリーの際にわたしたちのスペースまで来てくださった方には、もれなくJAXAクッキーが振舞われます(笑) 先着16名さまですので(16枚しかないから)お早めにどうぞ。

超・駆け足でしたがこんなかんじのイベントでした。
写真で撮ったほかにも、楽しい体験がいっぱいあったんですよ。ジャイロのしくみとかを体感させてもらえたり(回転しているこまを持って傾けると身体がその方向に回転する)、空気というかガスで開閉する太陽電池のパネルの体験とかさせてもらえたり。またこれらも、全部スタッフの方々の手作りなんです。ジャイロの仕組みを体感するための回転台はテレビ台で作ったって言ってたし(聞いた)、太陽電池が圧縮ガスで開閉! を試すためのガス噴出装置はどう見ても自転車の空気入れだし(作った本人が言ってた)。あと宇宙の壮絶な温度差(太陽に向いてる側:200度、向いてない側:-200度)から人工衛星を守るためのしくみとかも教えてもらいました。ハニカム構造と空気を含ませる12層の断熱材とかなんとか。

p-1.jpgまたみんな、どう見ても素人の集団のわたしたちに熱心に説明してくれるんですよー。広報のためにやってる一般公開だからって言っちゃえばそれまでなんですけど、「自分たちが一生懸命やってる研究を、開発を、もし出来たらわかってほしいし、楽しさを共有して欲しいなあ」とでも言うような熱意をあちこちで感じました。

左の写真は「宇宙で使えるプラスチック」という証明をするために、「P-1グランプリ」と称して、熱さと寒さと値段とかでグランプリ~ぱふぱふーとかやってたやつです。手を変え品を変え、一般の人に興味を持ってもらうために実にいろいろなことをやっていて、その熱意にはほんとに頭が下がる思いです。
宇宙開発、応援したいなーと素朴に思ったイベント見学だったのでした。

最後に、同行してくださったJ様Y様C様、ありがとうございました!
つくばくんだりまで(笑)たいへんお疲れ様でした!
COMMENT : 0 | TrackBack : 0 | CATEGORY : 宇宙 |

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

プロフィール

さや

Author:さや
本の業界の片隅で生きています。構成要素は鋼・ドイツ・宇宙・本・酒・あとその他です。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ハガレンピープル


ブログ内検索


RSSフィード


リンク(敬称略)

このブログをリンクに追加する


JAXA『今日は何の日』

鋼関連本

読書メーター

ミュンヘンの最近読んだ本

Copyright © うやむやメモ All Rights reserved.
Images by Night on the Planet  Designed by サリイ  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。