スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| CATEGORY : スポンサー広告 |

 独断と偏見に満ちた「勝手に鋼最終回予想」

なんだかんだ言っても、来月の11日あたりにはもう鋼の原作は完結しているわけで。どう終わるかをああでもないこうでもないって語れるのは今しかないじゃないか、ということで、独断と偏見に満ちた最終回やその後の展開予想をしてみたいと思います。

過去記事を読んでいただいた方はお分かりになるかと思いますが、最近の私は鋼原作のよい読者(何度も舐めるように読む・伏線も見逃さない的な読者)ではありません。ですので「お前全然わかってねーよ」とか「ここがすっぽ抜けててそもそも論理展開がなりたたねえよ」などご意見あるかと思いますが、そのあたりは全て私の無知・読み不足から生じたものですので、どうぞ存分に意見をぶつけてやってくださいませ。

以下、競馬風にお届けします。
独断と偏見に満ちた内容に耐えられる方、または立ち向かわれる方は以下どうぞ。

◎最終回本命:ホーエンハイムが死ぬ

これは最もありうる可能性かなと思っています。母トリシャとの約束もありますし、体内の対話を終えた魂たちを解放し、死ねる身体になって、妻との約束を守って死ぬ、それはそれで物語として充分ありうるでしょう。
ただ個人的好みでいうと、「あんたは好きな女との約束守れて満足かもしれないけどさー、残された家族の事は考えないのかね」と思わなくもないです。
あくまで好みですが、ホーエンハイムに天寿を全うしてもらうという選択肢はないのかなと思っています。父親というものは、戦う背中を息子達に見せて、その背中の大きさで父親を覚えていてもらう、というのも美しいのは美しいんですけど、エドとアルと、三人で過ごす「家族の日常」というやつをやらないままで死んじゃうのが、どうもホーエンハイムの自己満足に思えます。日常の積み重ねにこそ家族の絆はあるんじゃないか、と思っている自分には、いまいち納得がいきません。
あとこれだと、劇場版のホーエンハイムと自己犠牲的自己満足的なところがいまいちかぶる気もするんですよね…。
じゃあどんなだったらいいんだよ、というのは、のちで後述します。


○最終回対抗:お父様が消えてなくなり、アメストリスから錬金術がなくなる

鋼友達に言われるまで全く意識しなかったんですが、お父様がいなくなったら確かに錬金術がなくなってもおかしくないな、と思ったら、けっこうありえる展開だなと思いました。
本命(ホーパパが死ぬ)と対抗のダブルで最終回が展開されるのもありだと思います。
そう考えると、あれほど錬金術師だらけのビックリ人間ショーな世界で、あえて錬金術が使えないオリヴィエ姉さんが成り上がっている展開が、この伏線かもしれないとも思えます。
その後どうなるかを想像すると、錬丹術は成り立ちが違うらしいので残ることが予想されます。そしてグリリン(グリードはお父様と一緒に消えるかもですが)がシンのトップに立ち、アメストリスとの同盟を結んだりして、錬丹術はアメストリスにももたらされるかもしれません。エド、もしくはアルは、さらなる錬丹術の知識を求めて改めてシンに旅立つかもしれません。
なんかこれもありえそうな気がします。
どっかのコミックス巻末にあった、「昆布を求めて旅立つエド」が遠大な伏線だったりw


×最終回穴:アルが死ぬ

少年漫画だし、読者に希望をもたらしたいようなことを荒川先生も仰ってたし、ないとは思うんですが。
でも全くありえないことでもないんじゃないかとか可能性はゼロじゃないよなということで穴です。
この場合、もともと、錬成時のリバウンドで全身持ってかれた時点でアルは死んでいたのではないかというのが前提になります。エドはそんな事実を認めることができず、魂だけを取り戻したのではないか。けれども肉体は取り戻せない。魂も定着物との不整合でリミットがある。エドの右腕を錬成したアルは、もう戻ってこない。

もしこの展開が最終回で出てきたら、荒川先生は鬼だと思いつつも、尊敬してしまうと思います。主要キャラが死んだから凄いって訳じゃなくて、その容赦のなさに感動するというか、創作する者としての狂気を感じさせるというか…。
でもまあ、ないだろうな、いろんな意味で。
だいたいこれだとウィンリィはうれし泣きどころか大号泣だしな…。

それになにげにこの展開だと、自分が殺めた親友のことをショックで忘れちゃって自分にしか見えない親友を作り出してた妖奇士かよ!ってツッコミ入れたくなるし。マグニチュード8.0かよって気もするし。(考えすぎだ)



ここからはさらに個人的好みだけの観点で、この展開だと微妙だなというネタを書きます。

△微妙展開その1:ロイとリザがくっつく

何度も恐縮ですが、ロイとリザがくっつく展開は個人的には超微妙です…。二人ともいいかげんに師匠の呪縛から自由になれよ!と思うんですよね…。
この二人がカップルになったときの、プライベート(特にロイ)が想像できないんです。
なんか本当のプライベートだとロイってなんもしなさそうなので、ハボック的世話焼きタイプとかじゃないと二人なかよしって感じが出ない気がするんですが…。(カップリングの話じゃなくw)

ただこの二人、公私混同タイプ(特に公に使えるあまり滅私してしまう)ところは似たもの同士なので、新しい国を作るにあたって、お互いが必要だから、公私共にパートナーって言うのはありえそうな展開です。リザがグラマンの孫娘っていう伏線もあるわけですし、新しい軍での地位を築くためのパートナーとして組むのはありそうですね。
卑近な例で言えば自営業の夫婦みたいな、仕事でもタッグを組む運命共同体的な? かっこよくいえば大統領とファーストレディ的な。
うーんそれも別に興味ないけど…まああるかもな…。


△微妙展開その2:何年後かの描写、ウィンリィがエド/アルそっくりな子を抱いていて、その子はおもちゃよりもスパナが大好きとか

エドとウィンリィがくっつくの自体は、私はありだと思っています。
ウィンリィがエドに惚れる話もあったし、少年漫画だから主人公とヒロインがくっつくのは定石だし。
ただ、それを安易に、何年後かに子供ができてました描写されたら相当微妙です。
幸せ=子供かよ!安直過ぎるだろ!!その描写はただの思考停止だろ、と思ってしまうと思います。三十女の僻みと思われてもけっこうです。

ただ、この描写にもし孫のお守をするホーエンハイムがいたら、私の中では評価が急上昇します。今さらですがもうただの好み以外の何者でもないんで申し訳ないんですが、先ほども申したように、私はホーエンハイムに爺になるまで天寿を全うしてもらいたい。さらに言えば家族と日常を過ごしてもらいたい。孫の面倒ぐらい見てから死んでもらいたい。

孫の守に悪戦苦闘するホーエンハイムに、「こいつ俺たちの世話もろくにしなかったから孫の世話もできないんだぜ」とか悪態をつきつつもちょっと嬉しそうなエド、ウィンリィとピナコがそれを見守ってる、とかだったら、それはなんだか嬉しいなあ。
ホーエンハイムが最後に一人つぶやくんですよ。「トリシャ、悪い。そっちに行くの、もうちょっと待ってくれるか?」いい話だ!

あとは、エドとアルそっくりの子供がちょっと大きくなった後日談で、孫がかつてのホーパパの部屋に入り込んで、かつてのエドがしたように錬金術の本を見るんですよ。エドのときとはちがい、やさしく教えるホーエンハイム。かつての歴史を回想し、孫に伝えようとする…。いいじゃないですか。

…ホント好みでしかないなこれ…。

まあ、こんなことをああでもないこうでもないと煩悶できるのもあと15日足らず。
どんな最後を見せてくれるのか、期待していることは間違いないです。
COMMENT : 4 | TrackBack : 0 | CATEGORY : 鋼関連(原作) |

COMMENT

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/05/26(水) 12:16:38 | | #[編集]
コメントありがとうございます~!
独断偏見記事にコメントありがとうございます♪
上げてある記事にはいつでもコメント大歓迎ですので、どうぞお気になさらずです(笑)

新しい考え方だと思いましたので、少し引用させていただいてもよいでしょうか?

> すべてが終わってエドワードさんが振り返ったときに自分の後が瓦礫の山と死体だらけになっていることを認識して欲しいと思います。
> 自分が「罪」であったと認めている人体練成から走り出し、殺さない決断を下していたとしても、結局巻き込まれた周りをすべて助けられたわけではないと思うんです。
> 終わったからリゼンブールへ帰ろう的なラストにはして欲しくないなと。

等価交換という意味でも、確かにそうですよね。
自分たちが無事だったからって、犠牲者が皆無だったわけじゃない。
彼らがやったことの報い、償いをどのように行うのか。
確かに気になります。

でもなんとなくなイメージですけど、大人たち(ロイとかリザとか)にはちゃんと相応の報いを用意してそうですけど、子供(エドとかアルとか)のしたことについては、大人がきちんと片付けとくから、君らは前に向かって進め!みたいな感じになりそうな気もするなあと思ったりして…。

どんなラストがくるものか、私も伏線探しにもう一度コミックスを読み返そうかなあ…。


話は変わりますが、「お父様が死ぬ→錬金術が消滅する→錬金術が逆流する→さまざまなものが錬成前に戻る→世界は不可逆」という意見を教えてくれた人もいて、それも凄いなあと思ったり。
どんなことになるのかちょっと想像も付かないですが、それが描かれていたら口があんぐりしそうです。
2010/05/26(水) 17:12:56 | URL | さや #-[編集]
微妙だろうがなんだろうが
こんにちは。
最後のホーパパが孫の面倒見てる。エドが悪態ついてる。ウィンが微笑ましそうにしてるが、私の理想すぎて泣けてきました。
コメント欄も含めて、意外な展開がたくさんありますね・・・「世界は不可逆」はすごいです(色んな意味で)。どれがくるのか、果たして。
錬金術が消えたら・・・エドはヒモとして生きていくのかが気になりました。どこの映画か(笑)
2010/05/30(日) 02:06:40 | URL | とつ #-[編集]
いやいや!
とつさんコメントありがとう♪
大丈夫ですよ、「この描写にもし孫のお守をするホーエンハイムがいたら、私の中では評価が急上昇します。」ですからw
エドがウィンとくっつくだけだったら、ただの想定内なので私としては微妙展開ですけど、そこにホーパパたちと築く新たな家族像が描かれていたら、とてもうれしいです。
エドとアルもウィンリィも、家族との縁に恵まれなかった(愛はあったけど、親が去ってしまった)人たちなので、そのあたりが報われるといいなあと思っています。

錬金術が消えたあとエドがヒモだったらなにそのミュンヘンwになりますなww
アルが面倒見てたりしたらよけいに(笑)
「兄さん、もういい加減に働きなよ…」
「な、なに!?おれは昔国家錬金術師として名を馳せた…」
「昔は昔だろ、現実見ろよ」
2010/05/30(日) 17:03:13 | URL | さや #xfH9rAAU[編集]

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

プロフィール

さや

Author:さや
本の業界の片隅で生きています。構成要素は鋼・ドイツ・宇宙・本・酒・あとその他です。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ハガレンピープル


ブログ内検索


RSSフィード


リンク(敬称略)

このブログをリンクに追加する


JAXA『今日は何の日』

鋼関連本

読書メーター

ミュンヘンの最近読んだ本

Copyright © うやむやメモ All Rights reserved.
Images by Night on the Planet  Designed by サリイ  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。