スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| CATEGORY : スポンサー広告 |

 1923年ドイツの鉄道を調べてみたら ヨタ話

いや、最初は単なる好奇心だったのです。エドたちが乗ってただろう電車ってどんなかなーって。最近鉄道模型とかジオラマとかに興味がわいたので、ついでに見てみたいな、というくらいの。かつて旅行した時に見たDB(Deutsche Bahn:ドイツ鉄道)マークの列車の模型とかってあるのかなとか。しかしこれがまたえらい奥の深い世界だったのでした…。(以下、鉄道についてのえらい長文です。お時間のある方のみどうぞ…)

海外の(ていうかドイツの)車両が欲しいなと思い始めネットで見ているうちに、海外の鉄道模型メーカー(メルクリンとかフライシュマンとか色々ある)はなんとなく頭に入っていました。そんで実機が見てみたくなったので、銀座の天賞堂に行ったのです。ここは鉄道模型をする人にとっては総本山みたいな店らしいです(よく知らないんだが)。実際、お店の中にいたおじさんたちの会話を聞いてると、「年末50万くらい買ったんだけどさーあんとき実はまだ20万分くらい欲しいものがあってさー」「あー欲しいときに買っとかないとねえ」「夢に見るよねー」とか「カード2枚持ってるから限度額はへいき」とか、…会話だけ聞くと夏コミの同人誌買い損ねた腐女子かと思いますが…、額が違う額がっ! 筋金入りの方々は一味違います。

そんな中にまぎれて黙々と海外鉄道模型を探す女(29)…。だいぶ見ため的にもどうかと思ったんですが、なんかいいのがありましたありましたよ。DB50周年セットの機関車+客車(5両)! うわーこれエドとか乗ってそーじゃん、超ほしいえっ29800円? どうしよー…とうれしそうに逡巡しながらも裏面のドイツ語を拾い読みしてみると。

--------------------------------------------------------------
この製品は1999年DB創立50周年を記念して製作されました。1960年代の車両を忠実に再現しています
--------------------------------------------------------------

ちょー待て!! ずいぶん時代違うやんけ! っていうか、DBの成立って1940年代だったのか!

間抜けな私はドイツの歴史をすっかり忘れていました。そりゃそうだ、JRだって国鉄の時代があったしその前は確か運輸省管轄(参照:国鉄-Wiki)だったんだから…。しかしじゃあ、DBって…その前はなんて言われてたんだろう…?

そんな疑問を抱きながらも車両漁りをやめない私。いつしか手元には、3両の車両が残っていました。あきらかにナチの鉤十字がついている機関車Deutsche Reichs Bahn(ドイツ帝国鉄道?)と書かれた機関車DRGという文字と鷲っぽいマークがついている客車

多分これらがドイツ国鉄の前身なんでしょう。しかし…どれがどの時代だかわからん! 箱には説明などは一切書いてありません。途方に暮れた私は、なんと店員さんに突撃質問してみたのでした。こんな常連ばっかの店でしかも女で(ものすごい女性がいづらい店)勇気あるよわたし(自賛)。

そしてさすが天賞堂さすが銀座。店員さんは即答してくれました。
「ナチの機関車は1930年代、DRGと書かれたやつはそれと同年代、Deutsche Reichs Bahnは東ドイツの多分1950年代くらいなのですね。」
あんたすげえよ…。だってここ別に海外専門店とかじゃないんですよ? 日本の列車も死ぬほど種類があって満ち溢れてるのに。売り場の片隅にあるしかも昔のドイツの車両でも即答できるなんて…。

すっかり感動した私は、実は1920年代のドイツで走ってた列車が欲しいんですがとぶっちゃけてみました。するとその店員さんはうーんと考えて、「多分その時代ならバイエルン鉄道の緑の機関車とかだと思いますよ」と回答をくれました。…ますます凄い。売ってないんですか、と聞くと、人気あるのですぐ売れちゃうんですよ、とのこと。

なんだかものすごく色々な知識をいただいて家に帰りました。

で。DRGが何の略だかわからなかったので、気になって調べてみました。そしたら凄いサイトハケーン。
ドイツ鉄道の歴史(メルクリン社 メルクリンを日本で楽しむために)
なんというか、天賞堂の店員さんスゴイ。ほとんど全てあってる…。

そしてDRGが何の略かもわかりました。Deutsche Reichsbahn Gesellschaft ドイツ国鉄会社というかんじでしょうか。

長々と書いてきましたが、何が一番書きたかったかというとこれ。

----------------------------------------------------------------
第一次世界大戦後、9つの国有鉄道のうち、アルザス-ロレーヌ国有鉄道が1920年フランスに割譲され、残り8つの国鉄は、1924年に政府により帝国鉄道として統一、名称もドイツ国有鉄道公社(DRG/DEUTSCHE REICHSBAHN GESELLSCHAFT)となった。
----------------------------------------------------------------

お、惜しい…!!! 1924年て!!!
ということで超・端境期だったんですねあの時代…やっぱり1920年代はロスト・ジェネレーションって言うのはこういうことなんでしょうか(そうか?)

…そしてなんだか、超・ムダにドイツの鉄道史にくわしくなってしまいましたが、これがどこかに生かされる日は来るのでしょうか…。

長々とここまで読んでくださった方、ほんとうにありがとうございました…!(深々と)

hihin_1125801409_sl89photo1.jpg大きい写真が載ってるサイトを見つけました。膨大な写真なので「バイエルン王国国有鉄道」でページ内検索してみてください。
バイエルン王国鉄道

…そして校正していた今気付いたこと。メルクリンのこのページには1923って…。どっちだー(涙)


※参考までに:Nゲージ(1/144)とかHOゲージ(1/87)の違いがわかります
鉄道模型-Wiki


ついでに最近調べたもろもろのこと。

DVDでますよ! 『Space Race 宇宙へ ~冷戦と二人の天才~

おとぎの国の科学』という本でJAXA関係の話が出ます。著者はパラサイトイブの瀬名秀明さん。→瀬名ニュース

ビックバン宇宙論』についての面白い感想とか大学院生と中高生の交流が楽しいサイト→サイエンス・ポット

私は何にはまってなにをやっているのか、最近自分がよくわからなくなってくる今日この頃です。(まあエロイカにはまったときも少佐が戦車隊出身だってだけでドイツ戦車とか作って喜んでた女だしな…………変わってないだけ……か! ←「等価交換、か」の読み方で←やっぱりオタクだった←知ってる)


※一応気をつけてるつもりですが、誤字脱字ありましたらご指摘絶賛お待ち申し上げております。
COMMENT : 4 | TrackBack : 0 | CATEGORY : 鋼関連(コネタ) |

COMMENT

バイエルン鉄道可愛いですね!!
民族衣装も緑なら、機関車まで緑かいバイエルン(笑)
エド&ハイデ、一緒に列車の旅とかしてたらいいなぁ~と妄想してしまいました。
コンパートメントでトランクの上げ下ろしに手を貸すハイデに、ちょっとムッとするエドとか、
切符チェックしに来た車掌に英語風発音を「?」と思われ身分証明書を出せと迫られて、
慌ててフォローするハイデとか・・・。
すいませんオタクなので妄想が自動錬成です。

>私は何にはまってなにをやっているのか、最近自分がよくわからなくなってくる今日この頃です。

その気持お察しします!
私も何かに嵌るとそれに関連した、
しかし直接繋がりはない事こにまで反応してしまう哀しきオタク体質ですので(笑)  
でも調べてる時の楽しさといったらないですよね・・・!
さやさまのブログは鋼を通してドイツ萌えな情報満載なのでいつもすっごく楽しみにしておりますe-266
ドイツロマン派の詩人の記事も、脳内でハイエド転換しながら妄想展開楽しく拝見致しました。
ネタではなく、素であんな詩を錬成できるドイツ人、さすがです・・・
2006/09/08(金) 16:53:22 | URL | ヒロ(洋) #MabEK6sc[編集]
機関車ってより……
当時の足はどっちかってとバスじゃないのかな。
あとはチンチン電車?
劇中の背景でも結構路面電車の電線は走ってたと思うんだけど……
バイエルン鉄道の緑の機関車たまーにN○Kでやってるよー
深夜の特番再放送とかで。
2006/09/08(金) 23:26:40 | URL | ROBO #qsvP4ThM[編集]
なんていうかさやさんホントすごいよ…!

しかしあれですね、どの道のひとでも、のめり込むと色々おかしなことになってきますね!金額とかマネーとか金銭感覚とか(一緒だ)
2006/09/09(土) 21:56:02 | URL | 弓月透子 #eAb5nx9M[編集]
いやいやようこそいらっしゃいました♪
こんなオタ丸出しのエントリにまさかこんなにコメントを付けてもらえるとはおもわなんだ…。果報者ですうっうっ(涙)

>洋さま
>オタクなので妄想が自動錬成
大丈夫です私なぞ息をするように妄想が(笑)
そうなんですよ、二人で旅とかして欲しいですよね!
ルーマニアからの帰りでもいいですし、ハイデのためにどっか転地療養してみたりしてもいいし。海を見たことがないエドのために頑張ってハイデが旅行とか企てちゃってもイイ! 
しかしせっかくだからと南に連れて行けば、ダブリスのほうが暑いとかぬかされて気まずくなったりするわけです。
でもリド島ではしゃぐエドを見て、そのきらきらぶり(ハイデビュー)に読んだばっかの『ヴェニスに死す』(当然原作)とか思い出しちゃったりして。
うーん自動練成今日も快調…。

>調べてる時の楽しさといったらないですよね・・・!
そうなんですよね…! ああでもないこうでもないと頭で練りまわす楽しさといったら!
またドイツ人がいいネタいっぱい持ってんだ(笑) あの詩もそうですしDVDもそうですが。
いろんな意味で「歴史が違うぜ!」と思わざるを得ませんね。

>ROBOさま
そうかバスですか…。路面電車はありましたね、ていうかいまでもありますね。
ある程度の長距離になるとSLだったんでしょうけど、どのへんからその違いが出てくるのか、あるいは経済格差なのか、知りたいところです。そしてN○Kですってっ!? み、見てみなければ…!

>透子さま
あはは、そうなんですよ。マネーとかマネーとかマネーとか、多分同人誌引換券にしか見えなくなったあのときから、何もかもが狂い始めたんじゃないかなと(笑)
しかしこないだ5万の機関車を見つめてて、「自分の3か月分の定期代だよ…」と思ったとき、ちょっと我に返りました(失笑)

 
2006/09/12(火) 02:25:10 | URL | さや #xfH9rAAU[編集]

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

プロフィール

さや

Author:さや
本の業界の片隅で生きています。構成要素は鋼・ドイツ・宇宙・本・酒・あとその他です。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ハガレンピープル


ブログ内検索


RSSフィード


リンク(敬称略)

このブログをリンクに追加する


JAXA『今日は何の日』

鋼関連本

読書メーター

ミュンヘンの最近読んだ本

Copyright © うやむやメモ All Rights reserved.
Images by Night on the Planet  Designed by サリイ  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。