スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| CATEGORY : スポンサー広告 |

 最後のラブレター

ドイツ人(ロマン派)はすげえな、ってことで、とてもステキな詩を見つけました。

もうねえ、ハイデからのエドへの、最後のラブレターにしたらいいと思う、これ。タイトル「千の挨拶を」だけ、エドの手帳とかにはさんどくとかさ。もしくは、エドワードさんあてになんか走り書きしとくとか。最後に囁いて、ほっぺにちゅーとかくれてやってもいいよ。
で、エドがそれを見つけて、なんだろう、ってんで調べて、これ読んで泣けばいいと思うの。
そういうSS書こうかなって一瞬思ったけど、もうこの詩があまりにステキすぎるんで、そのまま晒します。ハイデ好きの方々は一緒に泣いてくれるといいと思う。

ちなみに出典はこちらです。他の詩もかなりステキだ。

Die tausend Grüße Op. 101-7 千の挨拶を
Friedrich Rückert フリードリヒ・リュッケルト


Die tausend Grüße, 千の挨拶を
Die wir dir senden, あなたにおくります、
Ostwind dir müsse 東風よ、
Keinen entwenden! どれ一つ吹き飛ばさないでくれ!


Zu dir im Schwarme あなたのもとへ群れをなして
Zieh'n die Gedanken. この想いは向かいます。
Könnten die Arme この腕で
Auch dich umranken! あなたを抱きしめる事ができたら!


Du in die Lüfte あなたも大気の中へと
Hauche dein Sehnen! 憧れの思いを吹きかけてください!
Laß deine Düfte あなたの香りを
Küsse mich wähnen. わたしに口づけと思い込ませるほどに。


Schwör' es! Ich hör'es: 誓ってください!僕には聞こえるのです、
Daß du mir gut bist, あなたが僕の事を好いてくれているのだと。
Hör' es! Ich schwör' es: 聞いてください!僕は誓います、
Daß du mein Blut bist. あなたこそ僕の血であると。


Dein war und bleib' ich, 僕はいつもあなたのものでした、
Dein bin und bleib' ich これからもずっとあなたのものです。
Schon vielmal sang ich's, 何度も僕はそう歌ってきました、
Noch vielmal sing ich's: これからもずっと歌いつづけます。


Dein war und bleib' ich, 「僕はいつもあなたのものでした、
Dein bin und bleib' ich. これからもずっとあなたのものです」

-------------------------------

…まあ、あまり真に受けちゃうと、ハイデがちょっと自己犠牲にすぎるけどねこの詩じゃ。
でもまあ当時のおぼこいが内に情熱を秘めてる(ロマン派後を受け継ぐ)ドイツ人ならこれくらいの愛の歌を歌ってくれてもいいと思われ。
「この腕があなたを抱きしめることができたなら!」…いいなー(ぽーっ)
あと最後の章、bleibenだから「あなたとともにある」みたいな訳にもできたんじゃないかな? うろ覚えだけど。

…おかしいのは、最初は映画『会議は踊る』にでてきた『ただ一度だけ』って歌を探してたはずだったこと…。辞書読んでるといつのまにか時間忘れるってあるけど、GoogleとかWikiでも結構そういうことあるなあ(苦笑)
ちなみにその映画『会議は踊る』、ドイツのウーファでできた映画です。1931年なんでハイデ&エドは見てないけど(残念)、なかなかに楽しい映画で。歌がまたいいんだ。ダスギープトヌアアインマール♪ ってドイツ語の授業で見て覚えちゃったくらい。

……妄想楽しいね。
COMMENT : 3 | TrackBack : 0 | CATEGORY : 鋼関連(コネタ) |

COMMENT

わ!まさにハイエド的胸キュンですね。
ドイツのロマン詩の訳ってすごく素敵だと思います。
2006/09/02(土) 01:24:58 | URL | レフト #BzqNbjbk[編集]
最後の行はich bleibe deinなので「私はあなたのものであり続ける」です。どうでも良いですが。
2006/09/02(土) 05:44:43 | URL | だも #3cXgguLU[編集]
ありがとうございますー
>レフトさま
ロマン派の詩、かなりいいですよねーww
ホント、これ以外でもいろいろと胸キュンなものがあって、かなりいろいろ変換して楽しんでました(笑)
わたしが漫画かきなら・・・絵にするんだけどなー脳内妄想劇場、総天然色!

>だもさま
おおお! ご指摘ありがとうございますー。
「ありつづける」って強い決意が感じられて、いいですね。
ハイデに似つかわしい気がします。

2006/09/05(火) 01:30:24 | URL | さや #xfH9rAAU[編集]

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

プロフィール

さや

Author:さや
本の業界の片隅で生きています。構成要素は鋼・ドイツ・宇宙・本・酒・あとその他です。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ハガレンピープル


ブログ内検索


RSSフィード


リンク(敬称略)

このブログをリンクに追加する


JAXA『今日は何の日』

鋼関連本

読書メーター

ミュンヘンの最近読んだ本

Copyright © うやむやメモ All Rights reserved.
Images by Night on the Planet  Designed by サリイ  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。