スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| CATEGORY : スポンサー広告 |

 すこし遠巻きに鋼(少し最新号ネタバレ・注意)

先日の新年会でお会いした皆様方、お疲れ様でした。私はまたやらかしてはいませんでしたでしょうかorz 風邪だしアレだしと制御するつもりだったのも一瞬のこと、やはり久しぶりの鋼全開飲みはあまりにも楽しくて、なんかいろいろ吹っ飛んじゃった結果次の日風邪が悪化してました。ご迷惑をおかけしていなければいいのですが…なにせあまり記憶が……。というか次の日一日寝ていたので、夢か現かわからなくなっております…。あの催しが三連休の前日で本当によかったです。やらかされた方々、おられましたら甘んじて罵倒受け付けますのでよろしくお願いいたします。
とはいえ会はホントに楽しかったです! いまやほとんど鋼じゃないこのブログをまだ見てくださっているのがよくわかる発言(にんべん)をRさまからお聞きしてひっそりうれしく思っていたり、Mさまが私の持参した『ウンポコ』を肩を震わせて笑い読んでおられたのが大変うれしかったり(しかし今回の『少耽』はほんと傑作だった)、U型をした椅子のまさしく頂点の位置にいたUさまの発言一つ一つが大変面白かったり(そしてブログ記事のおかげでだいぶ記憶が補完できました・ありがとうございました)。
しかし大変楽しく時間を過ごしつつも、私実は少しだけさみしい思いをしておりました。というのもひとえに自分のせい、というか自分の属性ゆえなのですが、わたしゃ「ハイデ好きのハイエド」なんだなとひしひし感じていたのであります。ガンガン最新号を読んで。
何がびっくり&かなしいって、ガンガン最新号を一読したときの私の「気づかない」っぷり! 扉絵のエドには気づかないわ、メイ・チャンの素晴らしい指使い(え)にも気づかないわ、エンヴィの額のアレが割れて本性が…というのにも気がつかないわ…。ああわたしはもう鋼の熱心な読み手ではない…ッ、と悲嘆にくれてハンカチの一枚も噛み締めたい気持ちになってしまったのですよ。
まあこれは裏を返せば、自分が気づかないだけに兄弟者の方々のキレのある読みに感銘を受けたり、軍部スキーの軍分析にびっくりしたり、マルコーがかっこよく表現されていることへの違和感への表明に感心したりと新たな気づきを与えてもらえて、一つの作品で二度も三度も美味くてお得なんですけどね。(そしてたとえ会に参加されていなくても「エ/ンエドご愁傷様」的記事を掲げたHさまの視点には感動いたしました…)
思うに、アニメ鋼がメインっていうだけですでに錬金術の解釈がぜんぜん違いますし、しかもその中でも劇場版。さらに単発キャラ。いくら当時のドイツを調べたところで、ロケット工学の基礎を学んだところで、ogr氏を愛したところで、それは原作鋼とかぶらない…orz とふっと我に返ってしまったのでした…。
いや,それでもハイデ好きだからいいんだけど。ドイツも好きだからいいんだけど。
原作ももちろん好きなんですが、どうしてもアウトプットをするものに対してのインプットが先になりがちで、そうなってくるとドイツだのロケットだのミュンヘンエド/ハイデのほうに目がいってしまうんだよなー…。
要は皆さんの素晴らしい鋼談義にお返しできるようなネタを私が持っていなくてさみしかったのです。その代わりに持ってくのが児/ポ法ネタじゃあんまりだろうと…orz

なんか愚痴っぽい記事になってしまって申し訳ないのでこんなコネタも。鋼関係ないんですが。
みなさん「書籍」の定義てご存知ですか。なんとユネスコが「書籍」の定義をしてまして、
書籍:49頁以上(表紙を除く。)の印刷物。
48ページ以下のものは「パンフレット(小冊子)」扱いなんだそうですよ…。
日本でもこんな感じで定義されてます。取次にも認められないのか…。
いや、何でこんなのにびっくりしたかって、自分が今まで書いた本が絶妙にひっかかるところとひっかからないところにあるからなんですけど。パンフか書籍か。どっちでもいいっちゃいいけどさ。
ちなみに総務省のこのページ「15-9 図書刊行数」に出典があります。エクセル開くと各国の図書刊行数が出ます。少し古いですが、この表もなかなか面白いですよ。日本は本の刊行点数が多すぎるよ、書店も把握できんわなどと毒づいたりもしますが、点数が少ないよりは多いほうが、それだけ選択の自由が認められているということですよね…。個人がそれぞれ書きたいものを書いて好きなように出せる国というのは、実は大変に幸せで恵まれていることなのだなあとしんみりした次第です(売れるか売れないかは別として)。
しかしこの記事しんみりしすぎだな。わたしゃやっぱり弱ってるんだろうか。
COMMENT : 0 | TrackBack : 0 | CATEGORY : 鋼関連(コネタ) |

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

プロフィール

さや

Author:さや
本の業界の片隅で生きています。構成要素は鋼・ドイツ・宇宙・本・酒・あとその他です。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ハガレンピープル


ブログ内検索


RSSフィード


リンク(敬称略)

このブログをリンクに追加する


JAXA『今日は何の日』

鋼関連本

読書メーター

ミュンヘンの最近読んだ本

Copyright © うやむやメモ All Rights reserved.
Images by Night on the Planet  Designed by サリイ  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。