スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| CATEGORY : スポンサー広告 |

 結局ハイデかよ(ガンガンネタバレ雑談)

kaguya.jpg今月号のガンガンの後ろあたりについてぐだぐだ書きたいんですけど、ネタバレになるのでダメな方はお気をつけてくださいませ。てことで関係ないネタをはさんでみます。

9/13(木)に打ち上げの予定が決まった月周回衛星(SELENE)/H-IIAロケット13号機で、衛星の名前を募集してました。圧倒的多数の支持を得て「かぐや」に決まったんですけど、実は私も応募してたんですよ。かぐや。そしたら先日、こんなものが送られてきたのでした。「かぐやになったよ応募ありがとう」ペーパーと、ピンバッチです。なんかうれしいです。ていうかびっくりしました。郵便箱のぞいたらいきなりJAXAからの封筒があるんだもん(笑)自分ちの郵便箱が一瞬宇宙とつながったような…とかしゃれたことをいいたいですが、実際は「なにか懸賞とか応募したっけ?? 忘れ物とかしたっけ??」と考え込んでしまいました。

さて、ネタバレ回避終わり。ネタバレっつーかロクなこと書いてないんですが…。妄想だだもれOKな方はどうぞー。
もうあちこちで大騒ぎですが、若いころのホーエンハイムさん、ものすごくいいですよね…! ごめん私、エドよりあなたのほうが好みだ! どうしよう萌える萌えすぎる…! とガンガンを購入した日は布団の上でごろんごろん萌え萌えしておりました。目つき悪い若いの大好き! まるで幼少時代のラインハ/ルト(銀/英伝)ww 
そして、ひとしきりうっとりしたあとにふと思ったんです。「もし、『劇場版ミュンヘンエド』を荒川先生が書いたらこうなったかも…」と!
目的を失ってやさぐれたミュンヘンエド、あの外見だったらはまりませんか? 原作のエドは健康的でノマカプ推奨攻様(私視点)ですが、あのホーエンハイムの外見ならいろいろ(←…)できるよ!! …ええすみません。あの絵でミュンヘンエド本、見てみたい…萌え死する…!

そこまで考えてしまえばもう止まりません。せっかくミュンヘンエドを荒川先生が表現してくれたのなら(もう私の脳内でそういうことになってる…)、ぜひぜひもう一人も荒川先生絵で拝見してみたいのです! そう、ハイデリヒくん(17)を!
こんな設定、どうでしょうか。
「ご主人様」邸でハイデくんは、ホーエンハイムよりはちょっとましな境遇(助手とか)で雇われています。数多くいる使用人は大体ホーを嫌っておりいじめますが(目つき悪いし態度悪いだろうから)、ハイデくんは分け隔てなく付き合う子で、わりとホーのことを気にしています。ホーも少しは気を許しています。で、あの黒マリモ(←H嬢の名言)に知恵を授かり、賢くなり始めたのをハイデくんはふとしたことで知り(でもなぜ賢くなったかは知らない)、ホーのために喜ぶわけです。二人で錬金術の話とかしまくるといいと思います。初めて知の喜びを知るホー。初めて友達が出来て嬉しいハイデ。
しかし。次第にホーの知識がハイデの知識を凌駕し始めます。そりゃそうだ、あの黒マリモは「全知」なんだから。しかしホーはそのことに気づかない(自分より知らない人がいるという概念がない)。その辺から二人の齟齬が生まれはじめ、最後はご主人様もからんで悶着した結果、ハイデはやっぱり薄幸だったりするわけですよ…!
あー妄想。荒川先生の絵でそんなの見られたら幸せ死するんだけどな。ていうかこれじゃ「私のためのミュンヘン→ルネサンスパラレル同人誌」だな、ハハハ…orz

あっでも、ハイデを絡ませるのは私の願望ですが、それがなくてもホーエンハイムそのままでも妄想楽しいですよね。ルネサンスあたりの時代で考えればいいわけで。
……しかし中世ヨーロッパ史には疎い…。当時の奴隷制度がどうなっていたかとか、同性愛者の扱いがどうなっていたかとか(なんでソレが必要なのとか聞かないでくださいね・死)よくわからんです。
中世は同性愛とかそれ以前の問題で性愛に関してはものすごく厳しく規制されていたという話と、でもダ・ヴィンチもぶっちゃけホモだったよね、いちおう教会からいろいろ言われてたけどたいしたことなかったよねという話といろいろ聞くので、そのあたりも混乱するんですよねー…。有名だったり金があったりしたら平気だったってことかなあ。悪魔狩りにあわなきゃいいってことなのかなあ。

とりあえず昨日は、森川久美の『レヴァン/テの黒太子』とか『スキャンダ/ルムーンは夜の夢』とか読み返してみました。イタリア統一前のヴェネチアの元首(ドージエ)が主人公で、怪しげな錬金術師/医者も出てくるし、時代近いかなと思って。楽しかったです。

ではでは、とりとめのない妄想語り、失礼いたしました。
夏祭りに頑張って突発本を突っ込んでくれる神が出てくることを祈りつつ。夏の二次元祭にご参加される方々、週末にお会いいたしましょうw

自分用備忘:コミケ便利帳
COMMENT : 2 | TrackBack : 0 | CATEGORY : 鋼関連(原作) |

COMMENT

中世
中世って時代が広いので、ちょっと言いづらいですが、筆○ろしがヤギとか当たり前だったらしいので、実際は緩かったんじゃないかなと思いますです。
どっちかというと北の方が好きなので、イタリアは本当に良くわかんないんですが、本場なので、北の方よりは厳しかったかもしれませんね。
2007/08/16(木) 01:29:38 | URL | あゆむん #-[編集]
ヤギ…!
やぎカワイソス(涙)
そうなんですよね、なんか民話的なゆるーい世界と
悪魔狩りみたいなのがゴッチャになっているというか。
その辺詳しく掘り下げてみると面白そうではありますが。
誰かネタにしてアニメとか漫画とか作ってくれないかしら(他力本願)

まあそもそもあのホーがいた時代がそういう設定なのかもまだ不明なんですけど(^_^;)
2007/08/16(木) 13:00:06 | URL | さや #xfH9rAAU[編集]

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

プロフィール

さや

Author:さや
本の業界の片隅で生きています。構成要素は鋼・ドイツ・宇宙・本・酒・あとその他です。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ハガレンピープル


ブログ内検索


RSSフィード


リンク(敬称略)

このブログをリンクに追加する


JAXA『今日は何の日』

鋼関連本

読書メーター

ミュンヘンの最近読んだ本

Copyright © うやむやメモ All Rights reserved.
Images by Night on the Planet  Designed by サリイ  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。