スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| CATEGORY : スポンサー広告 |

 ガンガン7月号 つれづれにね

200706121.jpg大阪トリアルでは私のお相手をしてくださった皆々様、本当にありがとうございました! レポ書こうかと思ったんですが…聖部様の詳細かつデジカメ綺麗な写真でもう満足っていうか(^_^;) それにあんまり自分がしゃべった内容覚えてないんですよね…。そんなにハイデハイデ言ってたんですかね自分…言ってたんでしょうね…orz 
普段は脳内で自己完結してるところを、話して判ってくれる人がいるとわかるや否や口に出してしまうのは少し押さえたほうがよさそうです。みんなのブログを見てると私、人の話も聞かないでハイデ語りばっかしてる子みたいなんだもん(T_T)←事実なのでは…

さてネタバレ回避もおわりまして。久しぶりのガンガン感想です。
すっかり繰り言場と化したガンガン感想ですが。
あれですね、ホークアイ中尉の冒頭シーンは、一度でも変な人に夜道を追っかけられたことのある人には涙無くして読めませんね(T_T) 闇が怖い、後ろを振り返るのが怖い、家に帰って鍵閉めて電気つけて、飼ってるペットがいたら抱き締めてやっと安心する、みたいなの、こないだ変な車に追っかけられた私には人ごとではありませんでしたわよ。(ハザードつけたまま、人の歩くちょっと前をずーっと徐行&一時停止するんだよー! 途中で正反対に踵返して逃げたんだけどマジ怖かった)
んなことはいいとして。なんというか「闇」というものの根源的な怖さ、みたいなのを感じました。体術にも優れてて(たぶん)、銃も撃てて怖いもの知らずだと思われる中尉を、ホムンクルスたちはこれまで様々な方法で揺さぶりをかけてきた。心理的ゆさぶり(ラスト)しかり、攻撃の無力化(グラトニー)しかり。その中でも今回の攻撃が一番堪えるかもしれません。闇なんて、目を閉じただけでそこにあるわけで。
さてさてそんなところにかかってきた大佐からの電話! つかなにあれ。そんな風におどけないと、中尉に夜電話するなんて意識し過ぎちゃうわけ?  何とも思ってない上司から夜あんな電話かかって来たら引くよね。つかキモくて切る。二人の微妙な親密具合と、しかしまだよそよそしい感じっつーか意識してる(少なくとも大佐は)感が、こそばゆくて。
そんで、いちいち「行ってもいいか」確認の電話をするところに、「大人の男が夜女性を訪ねる意味」を知ってる大佐と、そういうことは全く何も考えてない(たぶん脳内にそういうカテゴリがない)エドとの対比があると思うです。こういうことって女の子の方が意識するの早いから、何かの雑談のときにウィンリィとアルとかに話しちゃって、「エド、やらしい! そんな夜中に何してんのよ!!」「兄さんそれはホークアイ中尉に悪いよ…」とか散々責められるとよいよ(笑) 「でっでも中尉はなにも言わなかったぜ!?」「…エドそれって、あんた全く男として見られてないのよ…」「…ガーン!」みたいなさ! ついでにお風呂上りだったって話をしたら、やたらアルが食いついてきたらおかしいかも。「中尉のお風呂上りなんて…! 兄さんばっかりずるい!」「な、なにが!?」「(…アルって女好きなのね…)」とか。妄想失礼。しかし兄弟+ウィンリィの掛け合いって楽しいなあ。
さて中尉と大佐の電話のやり取りに話を戻すと、中尉があそこで大佐の花(&来訪)を断ったのは、大佐の顔を見たら気が緩んじゃう、とか、大佐に「なにかあった」ことを悟られるのを恐れたからだよね多分(中尉が花粉症とかだったら笑うけど)。でもやっぱり大佐は何かを気付いてしまったわけで。
もうさ、大佐は花瓶ごとおしかけるといいよ! 容器なんてバケツでいいじゃん★ 「君が心配だったんだ!」「大佐…!」みたいな。朝チュンでいいから(少年漫画に何を期待しているのか)。
しかしこのエピソード、そのうちロイエドのひとが、「先にエドのところにかけたけどオリヴィエ様が出て「要塞につくまでにすべて凍るがいいのか?」と言われた」とか変換した本出してくれそうだなとか思うんですけどどうでしょう(笑)

さてウィンリィですが。自分の目と耳で確かめようとする態度、立派だ。エドとアルの姿勢にも影響を受けてるんだろうな。
自分の両親が助けてあげたのに、その相手に殺されたというのはあまりに理不尽だけど、裏を返せば両親はスカーを命を懸けて助けたわけで(そもそもスカーに殺されなくとも、戦地で敵に殺される可能性は多分にあったわけだし)。そのスカーにあっさり死なれたら、それこそ両親の死が犬死にになってしまう。ウィンリィはそういう風に考えたのかな。どうかな。そして物語的には、今後スカーが死ぬ可能性はほとんど無くなったと見るけどどうだろう。彼の罪に対し、死んで償えるものかというメッセージを荒川先生はそえそうだし(最近大人の自殺者めっさ多いから余計にね…)。
でもウィンリィはいいな。自分の側にいて、痛みを感じてくれて、かわりに怒ってくれる人がそばにいて。救われてるよね。一人であんなこと抱え込まなきゃいけないとなったら、苦しいと思うのだよ…(涙)

つれづれにそんなことこでしょうか。
最後の逃げ出そうとするスカーとウィンリィ。あれはブラフだと思うんだけど、それにしてもエドとアルがウィンリィをスカーの手におめおめ預けるとは思えないんだよなー。ってことはあれは誰かの変装?…んなことできそうな人もいないしなあ…。錬丹術のために手を結んだんかなあ…。

COMMENT : 3 | TrackBack : 0 | CATEGORY : 鋼関連(原作) |

COMMENT

あの電話は
しょっぱいよな! 微妙だよな! 中途半端だよな!(力説)

つきあってるのか、つきあってたのか、はたまたつきあいたいなのか、なんなんだよお前ら! みたいなさ・・・(苦笑)まぁ、ただの上司部下じゃねぇな。

中尉と大佐が会ってるのがバレると、双方危険度が高まるから「会わない」選択肢は正しいはずなんだけどね。

さて、夜道には気をつけてください。では股。
2007/06/16(土) 00:15:07 | URL | 真朱 #-[編集]
さやさま
やっぱり!
やっぱりですか!
いくら手を組んだとはいえ、ウィンリィをスカーに預けるのって、本人がやるって言ったとしてもちょっとありえないと思うんですよね・・・!
(ただいま絶賛ウィンリィ偽者説展開中・再び)
疑問に思われた方がいてよかったあ<何安心してるんだ。

というわけで、私からも、夜道にはお気をつけてくださいませ。

のわこ
2007/06/18(月) 00:00:20 | URL | のわこ #-[編集]
ということで
コメントありがとうございますw それぞれの趣味嗜好によって全然違うところにコメントがついて面白い(笑)

>真朱さん
イベント盛況だったようで何よりっす。お疲れ様でした~
>中尉と大佐が会ってるのがバレると、双方危険度が高まるから
あっそうか、そりゃそうだよね、…というか二人がどんな仲かって
ホムなやつらには把握されてるのかなあ。
「マスタングの飼い犬」って大総統には言われてたけど今回の見たらどちらかといえば犬は(略

>のわこさま
先日はこんなハイデキチを相手してくださってありがとうございましたw
あのウィンリィはないよね、と思いますよねー。
マルコーさんがその辺のキメラ使って作ったのかなあやっぱり。
あっでもあのへんのキメラって青軍服の人たちかorz
微妙に謎です。アレで逃げ切れるのかも謎だけど。
天気が変わることにキンブリが動転してたのが鍵かなあ。
なんだかんだ言って、来月も楽しみですねw
2007/06/19(火) 12:54:48 | URL | さや #xfH9rAAU[編集]

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

プロフィール

さや

Author:さや
本の業界の片隅で生きています。構成要素は鋼・ドイツ・宇宙・本・酒・あとその他です。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ハガレンピープル


ブログ内検索


RSSフィード


リンク(敬称略)

このブログをリンクに追加する


JAXA『今日は何の日』

鋼関連本

読書メーター

ミュンヘンの最近読んだ本

Copyright © うやむやメモ All Rights reserved.
Images by Night on the Planet  Designed by サリイ  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。