スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| CATEGORY : スポンサー広告 |

 Amazonでガンガンアートコレクションが。あとドイツ刑法175条とか。

※昔移転しようと思って書いた記事が残ってたのであげときます…。

夏からこの方、鋼に突っ走りダメ社会人を甘受(享受だろ)していたわたくしですが。
…なんか最近、帰り遅い。仕事忙しくなってないか? 睡眠時間絶賛募集中です。
でも書く。なんでだかわかんないけど書きたいから書く。パトスの迸るままに…!

でも今日はコネタです。
Amazonでガンガンアートコレクション普通に売りに出てますね。
『ガンガン アートコレクション』検索結果→ほら
とりあえず拡大して楽しんだりしましょう。
これもどこで買うのが一番美味しいのかなー。

コネタ2。これは火曜の記事なのでご存知の方も多いと思いますが。
感じる義手
すげーなあ。剣山みたいな電極さしたり、やり方はいろいろだそうですが…
はー、すごい。現実が妄想を軽く凌駕する瞬間。
鋼の義手も、そのうちこんな機能がついて、腕の内側をさわさわやると
「うわっくすぐってーよw」とか言ったりしたりして(妄想も負けてない)


vily.jpg
さて最後は、本日読了した本のご紹介です。
その名も『ヴィリーへの手紙』
帯のあおりを書きますと…

「彼はぼくの最初のすばらしい恋人だった」
1941年ドイツ…光と闇が醸し出す、少年と兵士の愛の物語


…はいそこ石投げない。どんな目的で読んだかあからさま過ぎるほどあからさまですが、この本リアルでよかったっすよ。…リアルって<小>性描写ではありませんよ。そういう意味では、そんなシーンはほとんどでてきやしません。何がリアルって、この主人公、ドイツ人の兵士と付き合ってたことがバレて、ゲシュタポに連行されちゃうんです。それで刑務所→強制労働→瀕死、というところまでキッチリ書いてあるところと、ドイツ刑法175条(同性愛禁止法)とナチスの同性愛者弾圧がきちっとかかれているところが貴重だな-と思ったわけです。二次制作者としては orz

この本自体も当時の時代背景を伝える、臨場感溢れる本でよかったのですが、特に貴重なのが、巻末の「同性愛者に対する迫害の歴史年譜」です。これを読めば、ドイツの刑法175条の成立と、一時期それが緩んだ時期、ナチスの台頭によりさらに法が厳しくなった時期、などが一目でわかります。ぶっちゃけ、劇場版ハガレンの二次制作(しかも18禁気味)しかも時代にリアルな感じで、って思っている方は一度目を通しておいて損はないと思います。
ちょびっと引用しときましょうか。

◇1871年 ドイツ建国ののち、刑法175条は以下のように記されている。「男性同士もしくは人間と動物といった不自然にして不道徳な性交を行った者は、禁固刑に処せられる」この条項が布かれて以来新しい世紀を迎える前でのおよそ30年間に、ドイツでは毎年300人から600人の男が、法の裁きを受けた。(後略、つか獣姦と同じ扱い…)

◇1918年 第一次世界大戦終了後、最初のドイツ共和国(ワイマール共和国)において、これまで存在しなかった権利が認められるようになった。すなわち、出版物の検閲が禁止されてから、初めて同性愛者も組織を作り、自分たちの意見を印刷して世に流布することができるようになったのである。それにもかかわらず、175条は存在しつづけた。

◇1925年 ワイマール共和国においても同性愛者は、社会的および刑法上のハンデを明らかに負いつづけていた。それでも大都市では、同性愛者達が比較的他人の妨害を受けずに会い集うことのできる様々な場所があった。(略)

◇1929年 ドイツ帝国議会の法務委員会は、175条の改定を勧告した。すなわち、大人同士の「簡単な同性愛」は罰せられないようにすべし、というものである。(略&注 結局これは改定されなかった、そして簡単な同性愛ってなんだよorz)

◇1933年 アドルフ・ヒトラーを「総統」とする国家社会主義労働党(ナチス党)は、1933年より以前から、同性愛者を「国民の存続に対する危険」とみなし、それ相応に重く罰する必要がある、と考えていた。(略、あんたらは『アーシアンby高河ゆん』かとw)

◇1935年 6月18日 175条の内容はさらに厳しくされ、175条(a)を追加された。すなわち男同士の場合、まなざしを交し合うとか、ラブレターを出すといった、ごく簡単な愛の告白がなされたとき、もしくはなされていると思われた場合でも、不道徳な性交とみなされ、刑の適用が可能となった。

(以下、ナチス時代のことなども詳細に記されているが、書ききれんので略。そしてstrong字などの加工は文責わたしデス)

………………………

…とりあえず、劇場版の兄弟はとっととドイツから出国した方がいいと思います。あのラブラブ兄弟ぷりじゃ、絶対捕まるよ。しかも(ドイツ人から見たら)外国人だし、妙な義手つけてるし。魂離れるし。怪しすぎ。


…ちなみに、ドイツでこの法律が公式に廃止されたのは、1994年でした。長かったですな…。


※ この記事を読んで気分を悪くなさった同性愛者の方がいらしたら申し訳ありません。謝罪して訂正いたします。同人その他、二次制作ものが大好き腐女子ではありますが、現実の同性愛者の方に対して誹謗中傷などを行うことは本意ではありません。
COMMENT : 0 | TrackBack : 0 | CATEGORY : 本について |

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

プロフィール

さや

Author:さや
本の業界の片隅で生きています。構成要素は鋼・ドイツ・宇宙・本・酒・あとその他です。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ハガレンピープル


ブログ内検索


RSSフィード


リンク(敬称略)

このブログをリンクに追加する


JAXA『今日は何の日』

鋼関連本

読書メーター

ミュンヘンの最近読んだ本

Copyright © うやむやメモ All Rights reserved.
Images by Night on the Planet  Designed by サリイ  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。