This Category : ドイツ

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| CATEGORY : スポンサー広告 |

 神戸の洋館メモその1

某所にもあげましたがこちらにもUP。自分用備忘録も兼ねてますので長文で写真多くて重いです。ご興味ある方、そしてお暇な方よろしければどうぞ。

『背景ビジュアル資料 5 洋館・洋風建築』を読んで、美しい神戸の洋館に憧れた。それはもう一条ゆかりの「砂の城」的少女漫画の世界・憧れの古き良き欧州。素敵すぎる。
そしたらそこに行けるチャンスが! エルストついでに神戸観光もしようということで、来ました「風見鶏の館」!
コピペですが「この館はかつて神戸に住んでいたドイツ人貿易商ゴッドフリート・トーマス氏(G・Thomas)が自邸として建てた建物」です。 日清日露で大もうけしたトーマス氏が有名な建築家ゲオルグ・デ・ラランデ氏に依頼して建てられました。
wiki「神戸市風見鶏の館」
wiki「ゲオルグ・デ・ラランデ」
「神戸市風見鶏の館」公式サイト
神戸髄一の異人館の名は伊達じゃなく、建築も家具も何もかもがステキすぎる! 興奮して写真撮りまくりました。そして満足しながら2Fから降りてきたら、館長さんのお話を聞きながらめぐる「風見鶏の館すみずみ解説ツアー」があるとのこと。当日その場で受付、もちろん無料の気楽なツアーで、そりゃ参加するよ。ということで参加。
「風見鶏の館すみずみ解説ツアー」イベント詳細
館長さんのお話、ツアー前はだいたい30~40分ぐらいですよと言うお話だったのに、気がつけば1時間半もあった! 盛りだくさん過ぎて足が痛くなったけど(立ちっぱなしだったから)、見てるだけではわからないことをいっぱい聞けたので楽しかったです。

覚えている限りで箇条書きして、写真もつけました。ご興味ある方はどうぞ。
スポンサーサイト
COMMENT : 0 | TrackBack : 0 | CATEGORY : ドイツ |

 わはははは 【問題児をシベリア送り=過酷な環境で更生狙う-独】

問題児をシベリア送り=過酷な環境で更生狙う-独
 【フランクフルト20日時事】問題児は極寒の地で更生を-。ドイツのヘッセン州ギーセン郡が、暴力行為で家庭や学校が持て余した少年(16)を更生のため、古くから流刑地として有名なロシアのシベリア地方に送り込んでいたことが明らかになった。
 ドイツのメディアによると、少年が送られたのは真冬には気温がマイナス55度まで下がる人口約5000人の寒村。テレビもインターネットもなく、暖を取るためにはまき割りをしなければならない環境で、少年は世話役1人と生活している。期間は9カ月の予定。
 現地を視察したギーセン郡青少年局幹部はフランクフルター・アルゲマイネ紙に対し、「少年は世話役とかかわり合い、自信と社会的能力を得た」と語っている。(引用終了)

ちょ、なにその『エロイ/カより愛/をこめて』! どこのNATO少佐!?
わはははは、笑える!
でもこれ意外といけるんじゃ…。甘ったれな子供とか放り込んだらえらい強くなって帰ってきそう。
ていうかハイデがエドを扱いかねてここに放り込んでたらどうしよう。
しかもその世話役が某伍長だったりしたら…。ハ/イエ/ド前提ロ/イエ/ドですか(違います
いや面白い記事だった。
COMMENT : 2 | TrackBack : 0 | CATEGORY : ドイツ |

 六本木ヒ/ルズでクリスマスマーケット

ドイツのクリスマス市に行きたいけど行けない皆様へ朗報♪
六本木ヒ/ルズ、本場ドイツの「クリスマスマーケット」再現
----------------------------
屋台は、オーナメントやドイツの木工品などクリスマス商品の専門店「ケーテ・ウォルファルト」をはじめ、あたためた赤ワインにスパイスを加えた「グリューワイン」(500円)や名物の「カレーソーセージ」(500円)などドイツ料理を扱う「バデンザ」、「アップルパンケーキ」(500円)などリンゴを使ったフードを提供する「アプフェル マーカスボス」などのほか、ギフト雑貨などを扱うヒルズのテナントも出店する。総アイテム数は1,000種類以上。また、ウェストウォーク南側の吹き抜けでは、ドイツの伝統的なクリスマスオーナメント「クリスマスピラミッド」を展示し、マーケットでは小型版(約4,000円)の販売も行う。
----------------------------
グリューワインやらドイツ料理やらクリスマスピラミッド(蝋燭の対流で風車が動くやつ)やらあるそうですよ…。すげえ行きてえ!
12月の土日は無理なので、会社帰りにスパッといってこようかと思います。21時までやってるそうだから、頑張って上がればいけないことはないし。
グリューワイン飲みながらかわいい金髪の17歳でもいないかウォッチングしてこようっと(笑)。
COMMENT : 2 | TrackBack : 0 | CATEGORY : ドイツ |

 行って参ります

200709151151082 20070915115108
まさかハガレンブロガーナイトinミュンヘンが本当に実現するとはなあ(笑)
ということでミュンヘン行ってきます! ビール何杯飲めるか今から楽しみです(笑)!
COMMENT : 2 | TrackBack : 0 | CATEGORY : ドイツ |

 こんなのやるそうな【ドイツ映画祭2007】

6/8~6/12、東京有楽町で【ドイツ映画祭2007】なる催しがあるそうです。
【善き人のためのソナタ】もツボったわたしからしてみたら、うわー通いたい! 毎日通いつめたい!! パスポート買っちゃう? くらいな勢いなんですけど、社会人だからそれは無理としても…有給一日くらい…とか思っちゃうイベントではあります。

しかしなにげに6/10は、そう【トリアル】だから6/9も大阪です。あいやー(哀)なぜよりによってこの週にイベントやるかな…。

とまあやつあたっても仕方がないので、6/11夜のプログラムはせめて見たいと心に決めてみるテスト。だって製作年代が年代ですもの。あの子も見たかも、と思うだけで萌えが炸裂するわww

あとは微妙にあやしい匂いがする【僕の友達】も気になってます。堅物カールと享楽ハンスの友情ってアナタ! って感じ。
COMMENT : 3 | TrackBack : 0 | CATEGORY : ドイツ |

 ドイツマルク ナツカシス

mark.jpgmark2.jpgそういやUさんがドイツマルクとか言ってたなーと思い探してみたらありましたよ、9年位前に旅行した時に使ったドイツマルク。懐かしいんでスキャンしてみました(表裏です。クリックで超・拡大)。
私の旅行した年は、ちょうど来年からユーロに切り替わるよ、って時の12月で、クリスマス市もスーパーもユーロ/マルク併記でしたよ懐かしい。そんで確かレートは、1DM=64円くらいだった。(実際両替になったら手数料とかいるからもうちょっと高いけど)4DMか3DMでグリューヴァインが飲めていたと思います。大都市は4DM、小中の都市は3DM~3.5DMだった。
いまは何ユーロで飲めるんでしたっけ? ユーロだってはじまったころは100円くらいだったのに、いまじゃ156円ですか? ありえねえ…。ドイツに行きたいのにどんどん遠くなっていくような感じがしますよ(涙)円、がんばれ円!!
COMMENT : 0 | TrackBack : 0 | CATEGORY : ドイツ |

 クリスマスの文化史

20061225185647つかこういう本はクリスマス前に読むべきだと思いつつ(ネタ捜しのため)…、この本、すごくいいです。ドイツのクリスマスの起源が、様々な分野から書かれてて凄い!
アドベントカレンダーが1920年代にはすでにあったとか(よかった・笑)、当時のお菓子の缶とか、カラーで載ってるし!!
あああと一週間早く手に入れてればなあ(涙)
でも楽しいので読みます。ハイデもこれを見て育ったんだ…(妄想女、面目躍如)!

COMMENT : 0 | TrackBack : 0 | CATEGORY : ドイツ |

 東京ドイツ文化センターでクリスマスパーティあるらしいよ

http://www.goethe.de/ins/jp/tok/ja1848710.htm

------------------------------------------------------
Weihnachtscafe
メリー・クリスマスパーティー
12月15日 18:30 - 21:00
東京ドイツ文化センター、ホール
入場無料
03-3584-3201 Info@tokyo.goethe.org

楽しい音楽と素敵な雰囲気の中で、ドイツのクリスマスを祝いましょう。クリスマスになくてはならないドイツのシュトレンとグリューワインもご用意してお待ちしています。
------------------------------------------------------

いいなー! 旅行で不在なんだけど orz 
シュトレンとグリューワイン楽しみたい方はどうぞー。

ついでにもひとつ。こんな図書館あるんだなー。司書さんに質問メール出しちゃおうかな?
COMMENT : 2 | TrackBack : 0 | CATEGORY : ドイツ |

 森鴎外かー…

ハイデオンリも終わり屍化してるなか、微妙に気になるネタを見つけた。
鴎外が出会ったドイツの作家や詩人たち
日時:平成18年12月2日(土)午後2時~(開場午後1時半)
会場:本郷図書館鴎外記念室3階 会議室
定員:先着60名・無料(直接会場へ)
 ※定員を越えた場合、入場できないこともあります

うーぬぬ、めっちゃ通勤圏…。行き易い。
ミュンヘンで撮った写真とかあるじゃないですか。気になるじゃないですか。

まあ劇場版的に言えば、ハイデの時代というよりハイデのお父さんの時代くらいになると思うんだが(そもそも鴎外没したの1922だしね)、それはそれでまた萌えといえば萌え。
『摩利と新吾』なんかどんぴしゃだしね。なんか楽しそうかも。
舞姫でも読んで予習しとこうかなあ。(←行く気まんまん?)

森鴎外-Wiki  森鴎外が師事したペッテンコーファー-Wiki  舞姫-青空文庫

ペッテンコーファーの実績は読んでるとけっこう面白い。
これとか↓当時の時代背景が透けて見えるかんじ。(以下引用)
----------------------------------------------------------------
廃材から可燃性ガスを生産する方法の開発
当時灯火用に使用されていたガス灯は、石炭から作り出した可燃性ガスを燃料としていたが、ドイツ南部の森林地帯は石炭の産地に遠く、その十分な供給を賄うことができなかった。1851年、この件について相談を受けたペッテンコーファーはこの地域に豊富な木材および廃材を一度炭化して木炭を作り、それから可燃性ガスを産生するという方法を開発した。この木炭ガスを用いたガス灯はドイツ南部やオーストリア、ハンガリーの各都市に波及し、やがてドイツの全鉄道駅に取り付けられた。(引用終了)
----------------------------------------------------------------
改めて思うに、1918年までバイエルン王国だったんだよなー…。
ハイデさん(いたかわかんないけど)12歳。王国の崩壊とかって
どんな感じがしたんだろう。

少なくとも今の日本の市町村合併みたいな感じじゃないと思うんだけど(笑)
COMMENT : 6 | TrackBack : 1 | CATEGORY : ドイツ |

プロフィール

さや

Author:さや
本の業界の片隅で生きています。構成要素は鋼・ドイツ・宇宙・本・酒・あとその他です。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ハガレンピープル


ブログ内検索


RSSフィード


リンク(敬称略)

このブログをリンクに追加する


JAXA『今日は何の日』

鋼関連本

読書メーター

ミュンヘンの最近読んだ本

Copyright © うやむやメモ All Rights reserved.
Images by Night on the Planet  Designed by サリイ  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。